今から考える葬儀

死は何の前触れもなくやってくる事もあるのに、その後葬儀を含めてやる事も多いので、何不自由ない時から自分の葬儀を考える人が増えています。
葬儀の種類や規模、費用を決めますが、本人の考えで好きな形で出来るだけでなく、葬儀に趣味などの好きなものを取り入れる事で希望に沿ったものが出来ます。

葬儀に必要なものも多く、例えば遺影がありますが、意外と良い写真がないので定期的に撮っておくと困らなくて済みます。
プリントして出来栄えを見たり、大きいサイズの写真を大量に印刷する場合は、互換インクカートリッジを使うと費用を抑えられます。

死後に伝えたい内容は、エンディングノートを作っておくことで、死後の相続等のトラブルを未然に防ぐ事もできます。
この時に交友関係を記載しておくと、参列を希望する人を伝える事が出来ます。
名簿を作成していると人生についても振り返る事も出来、その中にはお世話になった人がいますので、感謝の気持ちを手紙書いて葬儀の時に渡す事も可能です。

葬儀以外でも病院からの遺体安置や遺骨をどうするか考え、葬儀後も法要や手続きを行う必要があります。

葬儀は自分でもある程度出来る部分があるので、理想的な最期にしたいのであれば、今から考える事が重要です。